【驚愕】Netflix限定の嵐コンテンツの謎!?エンドロールは“あの人”を伏せているのか?

スポンサーリンク

Netflixの嵐限定番組には謎が隠されていたのね。

 2020年1月1日からNetflixで配信が始まった嵐のドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary -Voyage-』。2020年いっぱいでの活動休止を発表している嵐に密着しつつ、その決断に至った背景に迫るという内容で、20回以上の配信を予定している。

 これまで語られることのなかった国民的アイドルの裏側が見られるということで、注目度も高いこの番組だが、少々の違和感もあったという。

「Netflixの番組の場合、長めのエンドロールがあってしっかりとスタッフの名前がクレジットされるんですが、『ARASHI’s Diary -Voyage-』の場合は1画面に収まる程度のローマ字表記のクレジットが一瞬映し出されただけ。一時停止をしないとまったく読めません。スタッフの名前をあまり明かしたくないということなのでしょうか」(メディア関係者)

タイトルとURLをコピーしました