【批評】Netflixオリジナルの嵐コンテンツにあの著名人がバッサリ!

スポンサーリンク

嵐のドキュメンタリーはファンからも著名人からも評判が良くないのね

 Netflixが12月31日に配信を開始した嵐のドキュメンタリー映像『ARASHI’s Diary -Voyage-』が、巷の不評を買っている。

 同番組は嵐が活動休止する年末まで、毎月不定期に配信。20話以上制作され、世界190カ国で配信される予定となっている。

「とりわけ、ファンが不満と感じたのがインタビュー映像。メンバーそれぞれの印象的なフレーズを切り取って、小刻みに画面が切り替わるため、発言の意図やニュアンスが伝わりにくくなっている。そのため、『一人一人の気持ちがきちんと伝わるように作って欲しい』との声が続出しています」(週刊誌記者)

 そんな中、同番組をメッタ斬りしたのが、嵐との共演歴もある脳科学者の茂木健一郎氏だった。ツイッターでは「嵐のNetflixのドキュメンタリー、編集の仕方が、日本のドキュメンタリー番組風(たとえばNHK風)で、ぼく個人が期待していたのとはちょっと違っていました」「もっと面白いものにするためには、嵐そのものを追うのもいいけれども、ファンの方々や、ジャニーズ事務所のスタッフの様子ももっと映さないとダメだと思う」「せっかくNetflixのバッジで流すんだから、批評的にもう少し突っ込んだものを期待します」と、強めのトーンで苦言を呈している。

タイトルとURLをコピーしました